中国獅子舞とは

    中国では獅子舞のことを「舞狮」と呼びます。

    現在演じられる形はの時代に確立された形で、北方の北獅と南方の南獅の二つの流派があり、競技もあります。獅子は頭と前足に1人、後ろ足と背中に1人の2人で構成されている。中国では旧正月や結婚式、企業の周年祝いイベント、商店の開店祝いなどの祝いで「招福駆邪」として演じられます。

    大阪龍獅団の獅子

    大阪龍師団は、南獅を使っていますが、動きは北獅の難易度の高い動きをしており、この南北の流派の融合が観客にもっとも好かれています。写真は仏山獅と鶴山獅の二種類があります。仏山獅は中国仏山地域起源の形です。外見的特徴は、額が高く盛り上っており、口が下向きに湾曲していることと、角の形が筍のように尖っていることです。
    一方鶴獅子は近年の獅子世界大会でよく使われている獅子です。鶴山獅の外見的特徴は、額(眼と眼の間)が狭く、口の形は平たく、真直ぐな角を持っています。両方とも人気抜群です。

    パーティー会場を盛り上げる
    鶴山獅-梅花椿
    中国獅子舞
    商店街にてパレード
    大阪龍師団
    NHK-好きあほ番組中継
    中秋名月祭閉会式
    可愛い仏山獅待機中
    商店街にてパレード
    もっと見る

    宴会での様子

    中秋名月祭閉会式